TOP >> 知っておきたいFX用語(スワップポイント)

スワップポイントとは?

スワップポイントとは金利が異なる2種類の通貨の売買によって発生するものです。 2国間の金利差調整のことを指します。

金利の高い通貨を買い、金利の低い通貨を売るとその金利差分を受け取ることができるのです。 逆に金利の高い通貨を売り、金利の低い通貨を買うとその金利差分を支払う必要があります。

この金利をスワップ金利または、スワップポイントとも呼びます。 たとえば、日本円の金利が低いので日本円を売って米ドルを買うと、 その金利差分約3%をスワップ金利として受け取ることができます。

スワップ金利はFX取引業者により異なります。スワップ金利で稼ぐ事を目的として 外国為替証拠金取引(FX)を行う場合は、スワップ金利の有利なFX業者を選んで下さい。

先頭へ