TOP >> 知っておきたいFX用語(スプレッド)

スプレッドとは?

スプレッド(すぷれっど)とは、売り(bid:ビッド)と買い(ask:アスク)の価格差のことを指します。 FXなどの為替取引の場合は、ビッドレートとアスクレートの差額。

この値が小さいほど、小さな値動きでも利益を得られますので、投資家にとっては有利に働きます。 スプレッドはFX取扱会社により異なりますし、為替変動や各国金利により変動します。

例えば円ドル相場の場合、「1ドル120円10銭から20銭」という表記の際、 投資家は1ドル購入する際は、1ドルあたり120円20銭が必要となり、 1ドルを売りたい場合は1ドルにつき120円10銭でうることができるということになり、 いわゆる銀行やFX業者などの利益部分となる。

外国為替証拠金取引(FX)では、この売値(bid:ビッドレート)と買値(Ask:アスクレート)を同時に表示する2ウェイプライス(または2ウェイクォーテーション)を採用しており、OTC(相対取引)特有の価格表示方法です。 外国為替証拠金取引(FX)は、他の外貨商品と比較して非常にスプレッドが小さいのが特徴です。


先頭へ