トップページ >> FXの投資情報 >> 年率30%の利益を達成するには?

年率30%の利益を達成するには?

スワップポイント(金利益差)の高い通貨を選ぶ
金利メイン
買い時にレバレッジ4〜5倍程度で買い長期保有
リスクも高いことを意識する
金利+為替差益
買い時にレバレッジ2〜3倍程度で買う
為替相場の周期に合せ売買益を狙う
利益を大きく、損益を小さくを心がける

スワップポイントの高い通貨

相対的に金利水準が高い国の通貨を高金利通貨という。
オーストラリアドル、ニュージーランドドル、ポンドが代表的です。

金利メインで年率30%を狙う

高金利通貨をよいタイミングで買い、できるだけ長く保有します。
為替レートが損失に生じる方向に向かったら、さらに安い値段で買い直すとよいでしょう。
レバレッジが高い分、レートが想定外の動きをした時、為替差損も4倍以上になるリスクもあります。 損切りするかの判断もすばやく下す必要があり、機械的に損切りするストップロス注文が無難です。 価格が現在の値段よりも超えたら買い注文を出し、下回れば売り注文を出るようにあらかじめ 値段を指定するストップロス注文を入れリスクを最小限に抑えるようにする必要があります。
年利6% × 4〜5(レバレッジ) = 24% 〜30% となります。 買ったレートから1円程度の円安となったら、買値から20〜30銭程度上に損切り注文を入れておきます。

金利+為替差益で年率30%を狙う

高金利通貨をよいタイミングで買い、レバレッジは2〜3倍にし、スワップポイントだけで年10%〜 15%を目指します。
残りは為替相場にある周期に合せ、安いところで買って高いところで売り売買益を稼ぎます。この場合も 価格が現在の値段よりも超えたら買い注文を出し、下回れば売り注文を出るようにあらかじめ 値段を指定するストップロス注文を入れリスクを最小限に抑えるようにする必要があります。
金利メインと比べ、レバレッジが低めなので価格変動リスクは小さめに抑えることができます。



先頭へ