トップページ >> FXの基礎知識 >> FX業者の選び方

FX業者の選び方

金融庁に登録済み、申請中の業者を選ぶ
信託分離(信託保全)をしている業者は万一の時安心
リスク・商品・サービス・取引のシステムを確認

金融庁に登録済み、申請中の業者

相次ぐトラブルを防止する為、改正金融先物取引法によりFXの取引業者 は金融庁の登録制になりました。金融庁で登録されているか、申請中の業者 しか営業することができません。金融庁のホームページ(http://www.fsa.go.jp/) で確認して未然にトラブルを防ぎましょう。

信託分離(信託保全)の業者

FX業者が万が一倒産した場合に備え、顧客の資金を信託銀行に預け、顧客に資金を 返すことができるようにすることを信託分離(信託保全)といいます。
FX業者にとっては、コストがかかるので全ての業者が行っているとは限らないので 見極めが必要です。

リスク・商品・サービス・取引のシステムの内容など納得のいく業者

強引な勧誘を行う業者、手数料の異常に高い業者、リスクの説明の少ない業者は避けましょう。
取引に必要な資金、手数料、取引可能な通貨ペアがあるかなどの商品情報面、情報公開がきちんとなされ 問い合せにきちんと対応してくれるかなどのサービス情報面、扱いやすい取引システムであるかなど確認 する必要があります。



先頭へ